読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

工房 月の海

《工房 月の海》では、二人の姉妹が好きなものを縫ったり編んだりしています。

ジーンズを求めて

 

 

このゴールデンウイーク初日は

私にとってとても

特別な日になりました

 

この日の為に

職場に人を増やしてもらって

休みをとりました

一緒に出かけてくれる人に

声をかけました

 

ただの家族なんですけど

 

みんなそれぞれ忙しいから

私がしたいことに誘うのは

結構思い切りがいりました

 

 

 

 

 

 

何事にも臆病だった私は

みんなでお出かけしたいなって

ふっと思っても

興味ないかもしれないし

忙しくて迷惑かもしれない

つまらない私に

付き合わせたら可哀想

 

って

勝手に我慢していたから

 

 

でもやっぱり

親も歳とるし

兄弟も大人になっちゃうし

自分の家族だし

 

 

 

迷惑かけてもいいやって

 

誰も予定が合わなくて

断られたとしても

最後まで踏ん張ってみようって

 

そんなふうに

思い始めた頃

 

 

ちょうど

私が行ってみたいと思っていた

イベントが春に開催されることを

2ヶ月前に思い出して

その頃まだ開催日の詳細も出ていない

田舎のイベントだけど

この日の私のために

準備しようって

決めたんです

 

 

 

 

 

このイベントのことを知ったのは

かれこれ8年も前でしたが

少し遠いし

1人では怖くて行けなかった

でも本当に好きなことだったから

テキトーな人と一緒に行くのも嫌だったんだと

今となってはそう思います

 

 

 

 

そうしたら

直前になって

みんなの予定が合って

全員ではないけれど

一緒に来てくれる人が

思ってたより増えて

嬉しかった

 

 

みんなが満足してくれたかは

わからないけど

好きなものがたくさんあって

好きな人達がいて

思い出になっただけで

私は満ち足りているようです

 

 

 

 

私はこの2ヶ月あまり

この件に関して

ソワソワやワクワクなんかの

葛藤というか感情の動きというか

そういうものが

大人しい顔の裏で

ゴソゴソしているのが

落ち着かなくて

でも終わってみれば

 

なんてチンケな

 

って

感じではあるのですが

 

本当に好きなことを

好きな人を巻き込んで

実現させるってことが

私には難しかったのです

 

 

なにかをするときに

損得ありきで

好きなふりあるいは

嫌いなふり

をして

何かしら理由をつけないと

なせなかった

 

そんな心構えでは

生きてる心地がしないんですよね

 

 

あぁ

勇気って

こういうふうに

持てばいいのか

 

 

小さいとき

アンパンマン大好きだったのに

すっかり忘れていたんだなぁ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そのイベントっていうのは

素敵なジーンズがたくさん集まってきて

破格で手に入るって

いうものなのですが

 

予想以上に人が多くて

駐車場を探すのが大変でした

来年また人が増えたら困るし

詳細はのせません

でもそれだけ素敵ってことです

せっかくしまなみに住んでるなら

あなたがジーンズ好きなら

日曜日も開催されるみたいなので 

行かれるといいですよ♡

あの肌触りのいいデニムを

カチカチのデニムを

少し触れるだけで

幸せになります♡

 

 

 

 

 

 

natsu♡