工房 月の海

《工房 月の海》では、二人の姉妹が好きなものを縫ったり編んだりしています。

ジーパンの裾幅詰め②

前回の続きを

すすめています

 

ジーパンの裾幅を詰める前に

両膝の穴をふさぎます

 

前回でも紹介しました

膝の出っ張りを

アイロンで戻しておかないと

補修したあとは

でっぱった生地が固定されてしまうため

 そういう形のものになってしまう

と思うので

生地は出来るだけまっすぐにしました

 

f:id:tsukinoumikoubou:20170412211028j:image

といってもしわしわです

 

出来るだけ、でいいんじゃろ

くらいかな

左足の膝あたりの裏側です

付近の外側の脇をほどいてあります

前回の補修のあともあるので

たぶん、そこだけすっかり

生地をやりかえた方が早い

ので

f:id:tsukinoumikoubou:20170412211454j:image

切り抜きました

 

 

別の生地を縫い付けます

一方向は中表に縫い

角は少し切り込みを入れて

他の二方向は表からたたいて

脇は脇のように

 f:id:tsukinoumikoubou:20170412211600j:image

色味を考えて生地を選ぶと

こんなにダサくはなりません

生地の地の目も合わせれば

ほんとうに丁寧です

 

とりあえずほどいた脇は

元どおりに縫い直します

裾幅を詰める際にほどくので

縫い目は粗い方がよいです

 

 

 

 

 

そして右足の膝の穴は小さめなので

ミシンたたきで仕上げます

穴の大きさより大きめに

まぁるく切った布を

裏側からアイロン接着両面テープなどで

くっつけます

縫ってる間に

はずれなければいいので

セロテープでもなんでも

 

当て布を丸くするのは

たぶんゴワゴワしにくいのかしら

そう穴が塞げばいいのですから 

 

当て布をした穴を

表から

ミシンの目をいっちばんこまくして

生地の斜めの目に沿って縫っていきます

デニムの縦地をよく見ると

斜めに線が見えてきます

それに沿うように縫います

 

f:id:tsukinoumikoubou:20170412213431j:image

ジーパンは裏返して

ウエストから覗くように

掘り出してくるように

膝を見つけてきます

 

穴の横から縫い始め

 生地の線に沿うように

その範囲をたたいていきます

f:id:tsukinoumikoubou:20170412213935j:image

写真のミシンの押さえは

沿うための斜めの線を向いています

押さえより左側は縫ってあります

行ったり来たりして縫います

方向転換は生地を90度回し

一目進んでから

反対方向に生地を回して

沿うようにすすみます

この繰り返しです

 

縫って回して縫って回しての

この作業は

ヨチヨチしてたら日が暮れるので

それはそれは激しくなるので

裏にくっつけた布がずれないことは

とっても重要ですね

接着のテープがなければ

やっぱりセロテープよりは

しつけの方が良いですね

 

f:id:tsukinoumikoubou:20170412215312j:image

写真左側の右足の穴も塞げました

 

斜めに縫うのが

馴染みやすいと思うので

今回はそうしてみました

 

穴のけばけばはそのままにしました

けばけばが無いと当て布が覗くので

覗いても良ければ切っちゃえばいいんです

 

糸の色は薄い薄いグレーにしています

擦り切れて色落ちしている部分は

他所が青くても

ほんとうに白っぽくなってるので

薄いぐらいで丁度良かったです

 

 

穴を塞いだので

やっと

裾幅詰めにはいります

ながくなったので

③にします

 

 

 

natsu♡